ログイン/会員登録


只今お知らせはございません。

  • 戻る

閉じる

 
03月08日公開ゲキ×シネ『髑髏城の七人』Season花
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING

みんなの感想

 上映スケジュール

あらすじ

時は天正十八年(1590)。織田信長が死に、豊臣秀吉が天下を治めていたこの頃、都から遠く離れた関東の村々は<天魔王(成河)>率いる関東髑髏党に荒らされていた。

この日も、とある村が髑髏党の鉄騎兵たちに襲われていたところに傷だらけの<沙霧(清野菜名)>が飛び込んでくる。彼女は、天魔王らの居城・髑髏城の抜け道が記された絵図面を持っていたために追われていたのだ。と、そこに派手な身なりの傾奇者たち・関八州荒武者隊の面々が登場する。先頭に立つのは、頭目の<兵庫(青木崇高)>だ。しかし仲間の<三五(河野まさと)>の裏切りにより、みるみるうちに窮地に陥る荒武者隊。そこへフラリと現れた着流し姿の男が、手にした大きな鉄煙管で鉄騎兵を叩きのめす。男は自らを<捨之介(小栗旬)>と名乗り、沙霧に傷の手当てをさせるため、兵庫と共に関東一の色里“無界の里”へと向かう。

色里“無界”は宿場も兼ねているため人の出入りも賑やかで、その中には何か事情を隠していそうな怪しげな牢人<狸穴二郎衛門(近藤芳正)>らの姿もある。この色里一と評判の<極楽太夫(りょう)>は、「沙霧をかくまってほしい」という兵庫らの頼みを快く引き受けてくれた。

その夜。店の裏で再び沙霧は髑髏党に襲われそうになるが、捨之介と“無界の里”の主<蘭兵衛(山本耕史)>がそれを阻む。そこに突然現れる、天魔王。実は捨之介と蘭兵衛と天魔王の三人は、ある時期、共に時間を過ごした間柄だったのだ。南蛮製の鎧と仮面を装着した天魔王には、捨之介の刀も蘭兵衛の短筒も歯が立たない。しかしこの場は、狸穴二郎衛門が間に割って入ったことで難を逃れられた。

天魔王、そして髑髏党との戦いを覚悟した捨之介は山奥にこもる刀鍛冶<贋鉄斎(古田新太)>を訪ねて、無敵の鎧を叩き斬る刀、必殺の“斬鎧剣”を打ってほしいと頼み込む。

しかしその頃、蘭兵衛は単身で髑髏城へ行こうとしていた。それに気づき、こっそりと後を追う沙霧。

捨之介、蘭兵衛、天魔王が抱える深い縁(えにし)とは……。天魔王の謀略を、捨之介たちは阻止することができるのか……。

キャスト

小栗旬
山本耕史
成河
りょう
青木崇高
清野菜名
近藤芳正
古田新太

 公式サイト

 映画種別

お好みの映画種別を選択してください

閉じる











 

エラー

閉じる

みようかな?に登録しました

FacebookやTwitterで友達とシェアしましょう!

  • FacebookFacebookでシェアする
  • TwitterTwitterでつぶやく
  • 閉じる

みんなの感想

ai

笑える

2週目、上演時間を夜に変えてくださってありがとうございます。

ゲキ×シネを初めて観ましたが、見所がちゃんと写っていて楽しかったです。
現場で観ると見たいところしか見ないので。
キャストの皆さんが本当に楽しそうにお芝居をしている顔が印象的でした。

古田新太さんが全ての笑いを持って行ってくれました
個人的には城を抜け出そう!のあと最後までがわりとダラダラ長かったかな

いつかIHIシアターでも観てみたいです


きんちやん

ジーン

はじめてのゲキシネてした。
中々都合が付かずやっとです。
何度も見逃した作品
ネットで学習して鑑賞、
ゲキシネ凄い、感動です。
ありがとございました‼️


ゆきふる笑顔

ときめき

小栗旬はやはり小栗旬だったけれど、観て良かった。山本耕史さんは色っぽいね-。十分見ごたえのある映像でした。


sage

笑える

やっぱ新感線はサイコー、面白すぎる、飽きさせない


ぷち

笑える

何度観ても良い♪
IHIシアターへ何度も足を運び観たはずなのに…
ライビューでも観て、今回ゲキ×シネ登場で早速行ってみた‼️出ている俳優さんも、良くお勧めだ。
WOWOWとも違うも言われては、行かないわけには行かず…
ネタバレするので漠然としか書けないが…
1度は観て損は無いはずだ。
小栗くんの再演。力の入れ方、周りとの掛け合いも素敵。


えいこ

ときめき

久しぶりに小栗旬さん、やっぱり良かった


神偉
この感想にはネタバレが含まれています!

ときめき

ステージ(前から数列の最良席)WOWOW、そしてゲキシネと全て拝見しましたが、ステージを観た時から[ゲキシネ向き]の演出(装置他)だなぁ…と思ってたので、満を持しての上映、楽しかったです。
ただアノ[ステージアラウンド]の舞台装置の大迫力な情景を(寄りでの撮影多しな)今回このゲキシネ版で堪能…はナイです。
※その点は引きで撮影多めのWOWOW版のが忠実に楽しめます。
しかし演者の表情、息遣い、汗、等々…細やかな[芝居]をキッチリ見届けたいなら満足の行く素晴らしい映像作品です(*^ω^*)

↓↓↓ネタバレ?!注意w…
大好きな古チンの「風呂入ってソッコー寝る計画♪」のセリフ(鼻歌)がまた頭から離れません(笑)


Emi

やる気

生の公演も何回か観たのですが、花の時は席が前方でなかったので、それぞれの役者さんのアップが観れて、良かった


みな

ときめき

何度も劇場で観ている演目ですが、劇場では見れない演者さんのアップの表情が多く、違う楽しみ方が出来ました。ゲキシネを観ると劇場で観たくなります。


かよき

ときめき

ライブビューイングと今回の鑑賞、そして、前のも2回くらい観てるけど、何度観ても、小栗旬さんは最高です
‼️いつか、本当の舞台を観たいです✨


たけのこ

ときめき

やはり、ゲキシネはイイですね。
山本耕史さんのかっこよさと、りょうさんの男前ぶりにしびれました。
古田さんは、キモ面白いキャラでいい味出してました。
全体的に、お笑いは控えめだった気がします。
引き続きこのシリーズをみたいと思います。


閉じる

閉じる