ログイン/会員登録


【携帯電話(フィーチャーフォン)専用ウェブサイト終了のお知らせ】

日頃より梅田ブルク7をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
 
誠に勝手ながら、梅田ブルク7携帯電話(フィーチャーフォン)専用公式ウェブサイトは、
2016年10月30日(日)をもちまして、終了させて頂きます。
 
尚、終了に先立ちまして、モバイルサイトからのオンラインチケット予約のサービスは2016年10月16日(日)をもちまして、停止させていただきます。予めご了承ください。
10月16日(日)までにご購入・ご予約いただきました予約番号等は引き続き、10月30日(日)までご確認いただけます。
 
上映スケジュール、チケットの購入などに関しましては、スマートフォン、パソコン、タブレットから公式ウェブサイトをご利用くださいませ。なお、携帯電話(フィーチャーフォン)をご利用の際にご登録いただいた会員情報は、引き続きご利用いただけます。
 
これまでのご利用に感謝いたしますとともに、
今後とも梅田ブルク7をご愛顧くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
【公式ウェブサイト】
スマートフォン、パソコン、タブレットよりご利用いただけます。
梅田ブルク7
  • 戻る

閉じる

 
11月24日公開[ゲキ×シネTIME]五右衛門ロック
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING

みんなの感想

 上映スケジュール

あらすじ

※11/24上映→横浜・梅田・京都・広島・博多・鹿児島・品川・新潟・大分

釜茹上等! 盗んでGO! 浜の真砂の尽きるまで!

時は豊臣秀吉の世。稀代の大泥棒・石川五右衛門(古田新太)は役人・岩倉左門字(江口洋介)らの手でお縄となり、釜茹の刑に処される。
その葬儀を仕切る謎の美女、真砂のお竜(松雪泰子)。 実は、お竜たちの仕掛けにより、五右衛門は生き延びていた。
そこに現れる南蛮人ペドロ・モッカ(川平慈英)たち。彼らに乗せられた五右衛門一味は、南の果 てのタタラ島に眠る神秘の石《月生石》を求めて船出する。
しかし彼らを追う左門字もろとも猛烈な暴風雨が襲い、海に投げ出される。
南の島に流れ着いた彼らは、タタラ島国王クガイ(北大路欣也)の手下によって捕えられる。
絶体絶命のピンチの場に、クガイを憎むバラバ国のカルマ王子(森山未來)、ボノー将軍と妻・シュザク夫人(濱田マリ )が攻め込んできて……。
《月生石》の持つ力とは? クガイとは一体何者なのか? 果たして、五右衛門の運命やいかに!

キャスト

古田新太 松雪泰子 森山未來 / 江口洋介 / 川平慈英 濱田マリ / 橋本じゅん 高田聖子粟根まこと / 北大路欣也 他

 公式サイト

 映画種別

お好みの映画種別を選択してください

閉じる











 

エラー

閉じる

みようかな?に登録しました

FacebookやTwitterで友達とシェアしましょう!

  • FacebookFacebookでシェアする
  • TwitterTwitterでつぶやく
  • 閉じる

みんなの感想

現在、投稿されている感想はありません

閉じる

閉じる