ログイン/会員登録


只今お知らせはございません。
  • 戻る

閉じる

 
上映中劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING

みようかな?へ追加 みようかな?へ追加

みんなの感想

 上映スケジュール

あらすじ

この人が死んだとき、泣いたりするんだろうか──
自分が子供の頃から、何を考えているのか全く分からなかった父の背中を見て、心の中でそうつぶやくアキオ(坂口健太郎)。
仕事一筋で単身赴任中だった父(吉田鋼太郎)が、突然会社を辞めて家に帰って来たのだ。母と妹も一日中ボーっとテレビを見ている父を、遠巻きに眺めている。父の本音を知りたい、そんな願いに突き動かされたアキオに、ある計画が閃く。アキオの得意なオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」の世界に父を誘導し、自分は正体を隠して、共に冒険に出るのだ。その名も〈光のお父さん計画〉!アキオは顔も本名も知らないゲーム仲間たちに協力を呼び掛け、励まされる。だが、この時のアキオは思いもしなかった。父に家族も知らない意外な顔があるとは──。

キャスト

坂口健太郎
吉田鋼太郎
佐久間由衣
山本舞香
佐藤隆太

 公式サイト

 映画種別

お好みの映画種別を選択してください

閉じる











 

エラー

閉じる

みようかな?に登録しました

FacebookやTwitterで友達とシェアしましょう!

  • FacebookFacebookでシェアする
  • TwitterTwitterでつぶやく
  • 閉じる

みんなの感想

NOT魚介系

ジーン

お父さんと息子、分からなくても本当は知りたいと思ってる。家族というものを考えさせられますね。


ミクマロ

ときめき

「病気なんか怖くない。もっと強い敵を倒したんだ」

 そのセリフの直後に流れるクリスタルの名曲が嬉しかった。
 全体的にくだらない雰囲気を醸しつつ、笑いを交えた展開が続く演出は技あり。観ている最中、妙な汗が何度も吹き出てきます。
 得意ではないゲームに大人が翻弄される姿は、吉田鋼太郎さんにぴったり。的中した抜擢だと思いました。
 主人公坂口健太郎さんも良いですね、いかにもゲームに夢中そうなサラリーマンという役柄に最適。……誉め言葉ですよ。

 この映画なら誰が観ても楽しめます。ファイナルファンタジーは幼少期に遊んだ以来ですが、ある意味まったくゲームをした事のない大人が観ると楽しめるかも知れませんね。
 “ゲームが解らない大人”というスタンスから入るお父さんの不器用ながらも健気な姿勢に、誰もが応援したくなる筈です。


閉じる

閉じる