ログイン/会員登録


只今お知らせはございません。
  • 戻る

閉じる

 
05月24日公開空母いぶき
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING

みんなの感想

 上映スケジュール

あらすじ

世界が再び「空母の時代」へと突入した20XX年。日本の最南端沖で起こった国籍不明の軍事勢力による突然の発砲。日本の領土の一部が占領され、海保隊員が拘束された。未曾有の緊張が走る中、政府は初の航空機搭載型護衛艦「いぶき」を中心とする護衛隊群を現場に向かわせる。空がうっすらと白み始めた午前6時23分。この後日本は、かつて経験したことのない一日を迎えることになる―。
国籍不明の軍事勢力から突如、攻撃を受けた日本。国民の命と平和が脅かされたとき、国の舵取りを託された者、過酷な戦闘下で防衛の任に当たる者、彼らは何を考え、如何なる選択をするのか。手にした力はどのように使うべきなのか。各々の立場でのそれぞれの決断がこの国の未来を作る。
平和のためにこそ武力の行使も辞さないという覚悟を貫く、航空自衛隊エースパイロットの実績から艦長に抜擢された秋津竜太(西島秀俊)。あくまでも防衛に徹し、自らの攻撃は封印することを信念とする、海上自衛隊生え抜きながら副長に甘んじる新波歳也(佐々木蔵之介)。防衛大学の同期にしてライバル。最前線で未曾有の局面に立ち向かう両自衛官の行く末は如何に・・・。彼らの視線の先にある未来は、希望か、絶望か。

キャスト

西島秀俊
佐々木蔵之介
藤竜也
村上淳
石田法嗣

 公式サイト

 映画種別

お好みの映画種別を選択してください

閉じる











 

エラー

閉じる

みようかな?に登録しました

FacebookやTwitterで友達とシェアしましょう!

  • FacebookFacebookでシェアする
  • TwitterTwitterでつぶやく
  • 閉じる

みんなの感想

Eddy

ジーン

アクションが良い


haru

笑える

あらためて、国を守るためには、防衛力を高める必要があり、憲法9条を改正し武力行使が可能にならないと、本当の意味での日本は独立した国ではないと思います。世界中の国で、自衛のための武力行使が出来ないのは、日本だけ。平和ボケから覚め、早く憲法を改正をすべき。


Seego

やる気

トランプが加賀に乗り、同型改造空母 出雲映画がありなんだか意図的な物を感じるが、内容は面白かった。邦画はこのパターン、シン・ゴジラの様に政府の対応を描く映画しか面白くない。


きり

ジーン

佐藤浩市さんの総理役が話題になっていましたが、そこまで気になりませんでした。コンビニのシーンのほうが気になりました。闘いとの温度差を表すためでしょうか。
後半で、日本が助けた外国人の自衛官が発砲するシーンは悲しかった。敵味方の前に人間同士なのになと。文化や教育が違うと命に対しても考えが違うのかなと。ため息がでましたね。
出ている方々は豪華で、戦争もの?は苦手でしたが退屈せず見れました。


みねちゃん

コワッ

ただの映画ではなく、起こりうることだ。原作の方だけど、オブラートに包み表現してでも今の日本の対応でいいのか考える必要があるという問題提起という面でいい映画だと思います!


ガオガダ
この感想にはネタバレが含まれています!

やる気

自衛隊が、外国の軍隊と交戦する話だった。撃墜した相手の戦闘機のパイロットを救出したが、逆にピストルで撃たれて、隊員が死んだ。首相に偉そうに命令する大臣が居たが、実際には、あんな大臣はいないはずだ。護衛艦がたくさんの武器を持っていたのに、驚いた。


ばーば

やる気

なんか、ドキドキしながらみました


ゆまぽん

ジーン

予告編をみてからみようと決めて、本当にみてよかったと思いました!
ハラハラドキドキたくさんしました。
自衛隊について考えさせられる映画でした。


春の小太郎

コワッ

近い将来現実になるかも!


きんちやん

ジーン

佐藤さんの総理良かった‼️
私はファンなので満足満足です。

戦闘シーンはハンターキラーとは比較
してはいけないと思います?
ハリウッドのように派手さはないが、
となり町戦争のように迫り来る
怖さドキドキ感あり、十分楽しめた。
今回はなんとかなりましたが、
次回はいかがされるのか?気になります❗️
現実で起きない事を祈ります。


hasecho

癒し

いつも中井貴一さんがこの手の映画では指揮官や官僚役で出演するけど、今回はコンビニの店長でひとつひとつのクリスマスプレゼントにカードを手書きで書いてメッセージ


ももんが

ジーン

自衛官の活躍は、地道であまり公表されていないけど、災害などで大勢の方達が助けてくれてます。日本人の誇りです。


ypc

やる気

キャストがそれぞれハマってたと思います。
予想をはるかに超える内容で、色々考えさせられました。
面白かった!


自衛隊おじさん
この感想にはネタバレが含まれています!

笑える

ミサイル撃たれんてのに艦内哨戒第3配備を継続しているとは……度肝抜かれましたよ殺してくださいって言ってるようなものですよ?主砲で敵の主砲と魚雷発射管狙い撃つとかデタラメ過ぎて年度優秀艦で余裕で表彰されますよ笑しかもCIC(戦闘指揮所)が近未来過ぎて凄かったです。


ミッコ

ジーン

カッコいい背中がそこにある。


cherry

ジーン

戦争、戦闘は人の死に麻痺して、命の重みに疎くなるものかと思っていた。


えみりん

ジーン

初めからドキドキ、いつかはこんな日が来るんだろうか…


ゆりたん

ジーン

実際に、決して起こって欲しくない話しです。
いかに自分の芯を保って、貫けるかと問う話しでもあったかな。
それぞれの役割が、全ての人にはあると考えさせられる。
映画好きとしては、もう一段欲しい欲も湧きますが、面白かったです。
日本映画も、どんどん観たいのが出来て嬉しいです。


まーちゃん

ジーン

深い…。
西島さん、佐々木さんはもちろんのこと、
皆さん全員が、かっこよかった。


馬鹿なオッサン

やる気

今般の外交関係に基づき、敵国が中国侵攻艦隊ではなく、訳の分からん謎の島嶼国家にシナリオ変更されているのが残念です。

その為か、自衛隊に一切撮影協力を得られていないまま、艦内(CIC)のセットとひたすらなフルCG画像での艦隊戦が繰り広げられます。

スタンダード2ミサイルや、アスロックがVLSより発射されるシーンでは実物よりすごく少ない(笑)噴煙を吐きながら上空に飛翔していく様が何度見ても萎えます。

艦隊戦での考証は割と真面で知らない方にも臨場感はかなり伝わる物だと思います。

墜落するような欠陥戦闘機F-35BもフルCGですが、余り活躍の場がなく、漫画とは大きく違う点がここです。

また、政治家のシーンは「彼の作家(百田)問題」(苦笑)で、イヤでも注目されますが、お約束のトイレシーンが出てきますね。
首相としての役柄等は基本的に真面であり、コレがなんで問題になるのか理解出来ませんので、問題など無視して十分でしょう。

外務省と防衛省、その他外交出先機関の動きも割と詳しく描かれており(実は一番重要であるはずの「国連関係」シーンが敢えてなのか、やむを得ずなのか分かりませんが、殆ど具体的な芝居が無いのが残念ですが。)、面白いと感じました。

しかし・・・。(汗)

艦長と副長の俳優を入れ替えた方が良いのではと感じずには居られない本作。
敵からのミサイル攻撃、或は雷撃等の「問題」が起こるたびに何故にいちいち口角を上げて「ニヤッ!」と笑わねばならんのか意味不明です。(ファンの方には申し訳ないが、かなり軽薄な印象を受けます。)

それ以外は艦隊防空担当護衛艦艦長や、コンビニ店長がすごくいい味を出していました。

また、如何にも平和ボケしている日本人らしい感覚ですが、報道で世界を救うなんて面白い。(これはCNNにケンカを売っているとしか思えない。(苦笑))

イロイロと感じるところがある作品だと思います。


トマ

コワッ

時代に合った内容で 考えさせられる映画
思った以上に よかったです


higoo

ジーン

自衛隊の本気の闘い!かっこ良かった。
自衛隊が他国の軍隊と戦闘行動をとる姿にちょっとびびりながらも、迫力があってエンターテイメントとして楽しんでみれました。
専守防衛という難しい課題を与えられて頑張っている自衛隊の皆さんに敬意を表したい。


K.E

ジーン

決して非現実的とは言えないSTORY が、緊迫感溢れる映像の連続で展開されていく!戦争をしない為の命懸けの戦いに挑む人達の姿に感動!でも、ちょっと迫力不足かな?


はずはず
この感想にはネタバレが含まれています!

笑える

「ヤマト・ロス」になっていた心に灯りがさしたような気がした。
敵国を原作どおりにしなかったことも、高評価に値すると思う。


うっちー

ジーン

極限の選択にハラハラ。
『守る』ことに命を懸ける。
それぞれの登場人物が職務、任務を経て人間味溢れてました。
中井貴一さん、佐藤浩市さん良かったです。


パルテナ
この感想にはネタバレが含まれています!

ときめき

総理、政府関係者の皆様、自衛隊の皆様
お疲れ様でした。

映画公開前の、あのネガティヴキャンペーンみたいなの
なんだったんだろうか。

観に行ってよかった。騙されるところだったよ。

自衛隊、政府、国民、それぞれの動きがコンパクトに
描かれていて、ダレる事なくラストまで。

空母いぶき、はじめ各護衛艦、潜水艦艦長たちも
個性的でスパイスがあった。
秋津が戦闘機乗り出身というのも、設定として
おもしろかった。(空母の艦長は空軍出身が、多いらしい)

自衛隊絡み、政府絡みの映画のネガティヴキャンペーンには注意だね。
総理の設定がどうとかいってたあれ、全く影響もなく
佐藤浩市も非常に良かったやん。
佐藤浩市がダメとかいってた記事はなんだったんだよ。
謝りなさいよ。

緊迫した展開で、ギリギリの攻防
映画として楽しめました。

総理大臣にはなりたくないわ。


ミクマロ

やる気

 良い評価のコメントを見かけますが、私は物足りなかったです。直前にハンターキラーを観たせいかも知れませんが、あらゆる面で省略された演出です。アクションは予告編で映ったのが全部です。日本映画にありがちなパターンなので予感はしていましたが。
 シンゴジラが苦手だった人は、この映画でも同じ感覚に陥ると思います。見所を予告編で全部使い集客し、劇場では室内のセットで行われる役者の演技を観るだけです。
 私が日本映画で苦手なのはそこなんですよね。刑事ものや人情ものなら上手い映画が日本にもありますが、予告編で激しいアクションを宣伝するのに、本編では会議が中心。
 同じ戦争映画でも、パールハーバーやハクソーリッジ、プライベートライアン等とは比べるべくもない。

 ただ、佐藤浩市さんの演技はよかった。


木村隆明

やる気

面白かった


ロビー

ジーン

原作を読んでませんが、先輩から勧めていただいた映画でした。

1つ1つの命の尊さが描かれた感動作
戦争と縁の無い日本が
いずれ訪れるかもしれない危機に直面した時

正しい判断が出来るか

何が正しくて間違っているのか

キャストがはまって良かったと思います
総理大臣が何かを見つけ、艦長は信念を持ち新たなものを手に入れる過程が

見て良かったと思える作品でした^_^


閉じる

閉じる