ログイン/会員登録


現在、ご案内はございません。
  • 戻る

閉じる

 
上映中万引き家族
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING

みようかな?へ追加 みようかな?へ追加

みんなの感想

 上映スケジュール

あらすじ

カンヌ国際映画際パルムドール(最高賞)受賞記念
高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。
冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

キャスト

リリー・フランキー/安藤サクラ/松岡茉優/池松壮亮/城桧吏/佐々木みゆ/高良健吾/池脇千鶴/樹木希林

【撮影監督】近藤龍人
【脚本】是枝裕和

 公式サイト

 映画種別

お好みの映画種別を選択してください

閉じる











 

エラー

閉じる

みようかな?に登録しました

FacebookやTwitterで友達とシェアしましょう!

  • FacebookFacebookでシェアする
  • TwitterTwitterでつぶやく
  • 閉じる

みんなの感想

おやじ
この感想にはネタバレが含まれています!

癒し

 『そして父になる』『海街diary』『海よりもさらに深く』『三度目の殺人』と年一作のペースで作品を発表し、今や日本映画を語る上で欠くことができない映画監督の一人である是枝裕和監督の最新作である。
 映画の導入部(万引きのシーン)からワクワクする展開で物語が始まり、何のつながりもない人たちが古ぼけた〔一軒家〕に住み、衣食を共にして〔真の家族〕ではない家族が〔真の家族〕の様に装って現代の不透明な時代を祖母の〔年金〕と足りない分を〔万引き〕で補って実にしたたかに生きていく。一般の社会通念から言えば異常であり、あり得るはずがない物語であるが、しかし逆に異常とも言える設定の中で現代人が失いつつある〔絆〕が登場人物のセリフで表現されていくシーンは映画ならではの虚構の世界の妙である。
物語が大きく変化(動く)するのは家族そろって〔海水浴〕に行ってからである。ここからの各シークエンスを構成しているカット割りが上手く、映画のテーマが如実に浮かび上がってくる。又、見方によっては過去の是枝裕和作品の集大成ともいえる映画である。
特にラストシークエンスで子役の佐々木みゆちゃんがアパートの通路で一人遊びをしているところから、顔のアップになり遠くを見つめているカットから突然フィードアウト(FO)で終わりを告げる。彼女が見つめていたものは何なのか?見ている人に問題提起させる是枝裕和監督らしいエンデングである。
リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優(まゆ)、樹木希林、そして二人の子役(城桧吏(かいり)、佐々木みゆ)の皆さん、ご苦労様でした。
そして、原案・脚本・監督・編集の一人四役をこなした是枝裕和監督本当にお疲れ様でした。



りん

ジーン

是枝監督らしい後引き考えさせられる作品です。安藤サクラさんが良いですね。



バンビ

ジーン

家族とは何か血の繋がりだけが家族なのか…
という事を考えされられました。


ばーば

ジーン

本当の家族、嘘の家族。
家族とは何なんだろう、生きていく上で必要なものは何なんだろうって、おもいます


ミクマロ

やる気

 これを“映画作品”として観るつもりでしたが、実際に観ると全く違う感情に変わりました。
 この作品は映画じゃない。実際の日本という国を世界に知らしめる良い機会だ、と思うようになりました。

 平和な国日本・安全な国日本・先進国日本──これらの言葉全てが捏造とさえ思える程、現状の日本は荒れ狂っています。
 恋愛する資金の無い低所得・世界一の労働時間・女性の半数が50歳以上──こんな国を綺麗に演出するにも限界があります。今作の映画、万引き家族はありのままを表現されていて感激です。作品内では主人公家だけが問題家族のような脚本ですが、現実にはもっと濃い密度で問題家族は溢れています。
 そういった意味では、色んな角度から良い刺激のある面白い作品でした。


ぁゃ

ジーン

最近の日本である子供に対する事件などとの繋がりや、
家族や色々なものを感じました。
少し恥ずかしい場面め多々ありますが。
いやらしさより、考えさせられました。


タム

ジーン

役者さんの演技最高です!


kaede

ジーン

他人なのに本当の家族かと思えた
それぞれの演技が、素晴らしく引き込まれていく
ほんとになにもかも自然
見てよかった


ぶんちゃん

ジーン

『本当の家族って、何だろう?』って、考える機会を与えてくれる作品。


ishikawm1958

ジーン

このような家族にあえて良かったわ。


carton

癒し

リリーフランキーは子役の様に自然。
つうか出演者全員が自然な演技。
子役には口移しでセリフを付けたというの。是枝監督すごい。
女の子の乳歯が抜けるシーン。なんとも可愛い。お兄ちゃんに見てもらいたかったんだね。こんなわずかなシーンで兄妹愛がちゃんと描けていました。良い映画でした。昨日見たのに今日もまだほっこりしています。怖いシーンもあるのに。
全員他人なのに愛に溢れた家族のお話。


ゆず茶

ジーン

家族とは何か、何が本当の家族なのか
捨てた人に拾う人…そんなテーマだと感じました。

とにかく、子役の演技が素晴らしかった
まるでドキュメンタリーを観てるような自然な感じです。
中盤、ほのぼのすればするほど、ラストが切なく悲しい。
もう一度観たい映画です。


サボブラ
この感想にはネタバレが含まれています!

癒し

起承転結の結がない作品
しかも承がめっちゃ長い❗️
安藤サクラの泣くシーンのみ記憶に残ってる


エグドン

ジーン

難しく考えないで役者さんの演技を見て欲しい、見た後の感想は人それぞれ。でも後からじわじわと効いてくるような映画です。


べっくん

ジーン

とても興味深く観させてもらいました。

社会の闇の中に愛に溢れる人達が寄り添って生きている。しかし生活の内情は法律に触れることばかり。

けれども私は本当の愛のカタチをここに見ました。


たける

ジーン

素晴らしい
ああ、素晴らしい
素晴らしい


john

ジーン

これからの時代 こういう家族的な関係が増えると思う。法律的には難しいですよね。


カラテ

ジーン

考えさせられました。


おりちゃん

ジーン

かなり衝撃的でした。吸い込まれました。見終わってから不思議な余韻がずっと残っています。


Mr.nomad19

ジーン

先行上映で拝見しました。
"家族"ってなんだろう、と考えさせられる作品でした。
この映画はなにも肯定してないし、否定もしていません。ただただ家族について物語っています。
日本が舞台ですが、どこの国でも起きている問題、見過ごされている現実を映したから世界的な評価を得たのかと勝手に思ってます。
ぜひ、この家族を多くの人に観てほしいです。


閉じる

閉じる