ログイン/会員登録


現在、ご案内はございません。
  • 戻る

閉じる

 
09月14日公開響 HIBIKI
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING

みんなの感想

 上映スケジュール

あらすじ

スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、
出版不況の文学界。
そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』。
15歳の彼女の小説は、圧倒的で絶対的な才能を感じさせるもので、
文学の世界に革命を及ぼす力を持っていた。
響は、普通じゃない。
彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。
世間の常識と慣習に囚われた、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。
響がとる行動は
過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、
様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変えていく―。

キャスト

平手友梨奈
北川景子 アヤカ・ウィルソン

監督:月川 翔

 公式サイト

 映画種別

お好みの映画種別を選択してください

閉じる











 

エラー

閉じる

みようかな?に登録しました

FacebookやTwitterで友達とシェアしましょう!

  • FacebookFacebookでシェアする
  • TwitterTwitterでつぶやく
  • 閉じる

みんなの感想

エイリアス

笑える

最高でしたね ヒロインのあばれっぷりは!
唖然としながらもニヤニヤして楽しみました。


nekomaru

ときめき

てちは良かったと思います。


matsui

ときめき

面白かった。響の書いた小説が読みたい。


お二階のパパ

癒し

う~ん。あの動物園でのシーンで響は演技から離れて平手そのものになっていて素が見えるのはいいんだけど、その響きはいらない!って思った。仲直りのシーンだけで後動物と戯れるシーンは不必要だな。


まろん

やる気

実写化はキライですが、これはアリでした!
人気が無いのが残念です。


モッティー

コワッ

原作未読です。
内容と平手さんというキャストがすごい合ってたかと。ただサイドストーリー的部分がちょっと弱いと感じました。逆に原作が読みたくなる……


dai
この感想にはネタバレが含まれています!

笑える

意味不明。キチ○イが暴れてるだけ。不快。
原作は読んでいませんが、原作はもっと意味が深いんだろうなと感じた作品。

映画ではただただキチ○イの15歳が気に入らないこと、気に入らない人に暴力のみに訴えるただの犯罪者。
天才だったら何しても許されると?
しかも学友の指折っても、当人には何もしていない大人の顔面蹴り倒しても、記者会見で罪もない人をパイプ椅子でボコボコにしても親も警察も出てこないの??
はぁ??
で、ようやく警察に捕まってのが線路内侵入???

天才でも未成年でも罪は罪。
何しても許されるわけではない。
暴力でしか、暴力にしか訴えられないのは病気、いや病気風なただの犯罪者。
見ていてただただ不快。
クソ映画。


ゆうた

笑える

マジ、世界観最高!


ぽー
この感想にはネタバレが含まれています!

ジーン

主人公の存在感が強い作品!
演技の粗さは多少ありますがと思いますが、初主演と聞いていたので、とても素晴らしいと思います!
また、個性豊かなキャラクターが多く、見応えのある作品でした。

そして、小栗旬さんの演技が凄いです!
セリフがほぼ無いのですが、グッと惹き込まれました。


ゴリミ

やる気

リアリティーがありました!
響カッコいいです!続編が観たいです。


りょう

笑える

平手の演技が、響にぴったり!笑えるし内容も面白い!


ナカ

やる気

キャスティング良かった
原作読んでないが読みたくなった


とし

ときめき

原作も平手さんも知らずに観ました。平手さんの雰囲気と響のキャラがとてもマッチしていて原作も読んでみたいと思いました。


りー
この感想にはネタバレが含まれています!

コワッ

やっぱり原作とは違うなーとも思いつつ見てましたが、それでも普通って何なのか、考えさせられる良い話でした!


unsung
この感想にはネタバレが含まれています!

やる気

見ている人にグッと響く台詞が
背中を押してくれる
頑張ろうと思える映画でした

いい蹴りだった。


ミクマロ

ときめき

 売れる小説を書きたいと思っている人が、小説を読みたいという人種の数を大きく上回った昨今、出版業界の厳しさを頭の片隅に据え置きながら映画を観賞しました。

 主演の平手さんが放つ独特の雰囲気、演技力とはまた別の角度から突いてくる風韻が凄い。名の通った身近な役者さんが映るとその差が歴然で、平手さんの後に紡ぐベテラン達がわざとらしい演技に感じてしまうという不思議な現象を目の当たりにしました。
 演じているというより、役が乗り移るとはまさにこの事で、脚本以上の表現力が直に伝わってきている気がして、二重の意味で楽しめました。

 出版社や印刷会社でさえバタバタ倒れている日本で、小説作家を題材にしているのは面白い試みだと思います。
 プロ野球選手や歌手になるのと同等な競争世界。受賞できなければアルバイト生活で生涯を終える厳しい職業。夢を追うというのは同時に借財も背負うという恐ろしい現実。
 故に、小栗旬さん演じる売れない作家がスクリーンに映る度に、映画を観ているという感覚は置き去りにされ、応援したい気持ちでいっぱいになりました。
 私の中では完全に彼が主役でした。


みき

笑える

パンチのある響!
小説が読みたくなりました(*^^*)
楽しい映画でした!


ねーさん

ときめき

自分を貫けるところが凄い‼️ワクワクした
4人の友情にも感激


あき

やる気

めっちゃ内容がおもしろかった!


KEISHI

笑える

てち最高!


なーたろう

笑える

すごい続きが気になりました!
あと平手さんがかっこよかったです!


みう

笑える

予想以上にグッときた。
重みがあって、面白い!!


tjニック

コワッ

宣伝で常識が壊れるとしたのが印象的な作品でしたのでまさにその通りだと思います、普通に考えたらずれてる事も才能があれば覆せる⁉︎みたいなものに驚きました、良いか悪いかは人によって分かれる作品だと思います。


タンク

コワッ

とても自分に正直に生きて行けるが凄い。次作も期待大。


この感想にはネタバレが含まれています!

やる気

原作未読です。
主人公は、世間体は関係なく自分の思ったこと、自分が正しいと思うこと、自分がしたいことを貫き通した人で面白いキャラクターだと思いましたが、感情的になるのを暴力で解決して、そこも面白い設定だと思いましたが、暴力は良くないと思うので共感は出来なかったです。私も夢に向かって頑張っていることがあるんですけど、小説家と同じでひと握りの人が付ける職業なんです。最近その夢に向かって頑張りすぎてなんで、自分こんなことしてるんだろう。どうして上手なものが作れないんだろうと、悩んで苦しく作業していたのですが、主人公響の、『好きたがら書いている』というセリフ?感情?をずっと見ていて、自分も最初の『好き』から始まったことを思い出すことができました。後、自分はてっきり主人公が成長していく話だと思っていたので、予想外でした。主人公が自分を貫き通して周りの人が成長していくみたいな感じだったので…………前半は良かったと思います。リカちゃんとの絡み関係のお話は好きです。後半から…というか、最後のオチ?が1番微妙だなと……話の盛り上がる山が物語途中ぽこぽこあったけど
めちゃめちゃ面白くはなかったです………( ̄▽ ̄;)
後、クールな平手さんがかわいいです( ̄∀ ̄) 語彙力なくて申し訳ないです


黒魔術師

笑える

てち可愛い^_^


のぎー

ときめき

響の原作は読まずに映画から先に観ました。
率直な感想としては響の生き様が只々かっこいい。
はたから(大人から)見れば理解しがたく取っつきにくいけれどその言動の裏にある理由や言い分は正論で、思わずハッとさせられることが多かった。ただ感情的、暴力的なのではなく仲間思いなところもちゃんとあり人間味も感じた。また観たいと思える作品でした!


Я10

ときめき

てちがとてもかわいかった!


くみ

笑える

てち可愛かった。
映画初主演とは思えない存在感。
何回でも見たくなる作品でした。
おすすめです。


aipapa

ときめき

まずは、面白かったです。ひーちゃん(平手さん)も前評通り響そっくり
(コミック)で、ひーちゃんらしさ(演技含む)が最初から最後まで出ていた感じがします。エンディングロールのソロ曲(角を曲がる)も良かったです。また観に行きます!
PS//9/15・・2日連続で鑑賞しました。改めて、そのような制作をしているのだとは思いますが、ひーちゃんの”存在感”、グループ活動時同様、圧巻です・・もちろん個人的感想ですが・・とにかく壮観、面白い映画です。


naoya

ときめき

とりあえず平手ちゃんが可愛い過ぎた


サトシ

ときめき

原作知らなかったけど楽しく観れましたー
最後流れたてちのソロ曲とても良かった
( ^ω^ )


ちなこ

コワッ

この映画を一口に語るのは難しい。
可愛い要素、ニヤリとするシーン、ホラー、バイオレンス、人間関係、、色々と考えさせられる。続編もありそうな予感。


Alith
この感想にはネタバレが含まれています!

笑える

筋の通ったハチャメチャ

ラストは「101回目のプロポーズ」のオマージュ?


閉じる

閉じる