ログイン/会員登録


現在、ご案内はございません。
  • 戻る

閉じる

 
04月07日公開ミスミソウ(R15+)
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING

みんなの感想

 上映スケジュール

あらすじ

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(山田杏奈)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(清水尋也)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だが、クラスの女王的存在、小黒妙子(大谷凜香)の取り巻きのイジメグループによる嫌がらせは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。春花の妹・祥子は大火傷を負いながらも助かったが、両親は命を落としてしまった。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。やがて事件の真相が露見することを恐れたイジメっ子達は春花に自殺するよう強要するが、それがきっかけとなって春花は事件の真相を知り、家族を奪ったイジメっ子達に己の命を賭けた凄惨な復讐を開始するのだが…。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

キャスト

山田杏奈  清水尋也
大谷凜香 / 大塚れな 中田青渚 紺野彩夏 櫻愛里紗 遠藤健慎 大友一生 遠藤真人
森田亜紀 / 戸田昌宏 片岡礼子 / 寺田 農

監督:内藤瑛亮

 公式サイト

 映画種別

お好みの映画種別を選択してください

閉じる











 

エラー

閉じる

みようかな?に登録しました

FacebookやTwitterで友達とシェアしましょう!

  • FacebookFacebookでシェアする
  • TwitterTwitterでつぶやく
  • 閉じる

みんなの感想

こーへい

ジーン

グロってだけで避けないで見てほしい映画です


ジョニー
この感想にはネタバレが含まれています!

やる気

いじめっ子達の演技が上手くて、ちゃんとムカついた 復讐の場面で、よし殺せって映画館で声が出ちゃった


美羽
この感想にはネタバレが含まれています!

笑える

とてもグロかったけど考えさせられる映画でした!
あいば君いい人そうな人だと思っていたら狂っている人だったのと、たえこが生き残っているのにとても驚きました!とても面白かったです!


マッチャン

コワッ

祥子役の玉寄世奈ちゃんの無邪気な演技が印象に残った。しかも全身火傷で入院しているシーンはとても悲しく涙が出ました。



oma
この感想にはネタバレが含まれています!

コワッ

各シーン印象的なところは、忠実に描かれていて、展開も原作通りなので、次に何が起こるか心の準備が出来ます。
実写化を否定する方でも、文句の付けようがない出来だと思います。
ただ、生き残る人物が変わっていました。そこは、漫画と映画の差異を敢えて付けていたのでしょう!
しかし、あんなに油巻いて放火し、多数行方不明になっているのに中学生にたどり付けない消防も警察も相当無能ですね。


kunikuni

ジーン

怖い


お二階のパパ

コワッ

前情報がなしで見た。SAKI(咲)に出ていた女優が出ているということ
ぐらいしか頭の中になく冒頭からいじめのシーンに少しかまえてしまった。
でも、R15に納得。少しトラウマになる映画。


かーきー

ときめき

山田杏奈ちゃんすっごい可愛いし、綺麗なんです


しあげかマン
この感想にはネタバレが含まれています!

癒し

序盤の観ていて嫌な気分になるイジメのシーンから一転、復讐者と化した野崎春花は最高のカタルシスです
原作改悪かもしれない?実写化はちょっと?たしかにそう言いたくなるような映画は色々とありました
しかしこのミスミソウは原作ファンも納得出来る作品です
田舎特有の陰鬱とした空気、雪と血の色のコントラスト、どれを取っても素晴らしい
この作品を契機に、押切蓮介作品をドンドン映像化して欲しいものです


麺@しりあす
この感想にはネタバレが含まれています!

やる気

大切な家族を殺された主人公が繰り広げる復讐劇。敢えて陳腐なテーマに重ねて、コミュニケーションから垣間見るイジメ構造の描きはなるほどと思いました。タテタカコさんの道程、良かったです。


秘密の花園

コワッ

みんな狂ってる!一番悪い奴が生き残るなんて?


閉じる

閉じる