ログイン/会員登録


【携帯電話(フィーチャーフォン)専用ウェブサイト終了のお知らせ】

日頃より梅田ブルク7をご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
 
誠に勝手ながら、梅田ブルク7携帯電話(フィーチャーフォン)専用公式ウェブサイトは、
2016年10月30日(日)をもちまして、終了させて頂きます。
 
尚、終了に先立ちまして、モバイルサイトからのオンラインチケット予約のサービスは2016年10月16日(日)をもちまして、停止させていただきます。予めご了承ください。
10月16日(日)までにご購入・ご予約いただきました予約番号等は引き続き、10月30日(日)までご確認いただけます。
 
上映スケジュール、チケットの購入などに関しましては、スマートフォン、パソコン、タブレットから公式ウェブサイトをご利用くださいませ。なお、携帯電話(フィーチャーフォン)をご利用の際にご登録いただいた会員情報は、引き続きご利用いただけます。
 
これまでのご利用に感謝いたしますとともに、
今後とも梅田ブルク7をご愛顧くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
【公式ウェブサイト】
スマートフォン、パソコン、タブレットよりご利用いただけます。
梅田ブルク7
  • 戻る

閉じる

 
上映中KUBO クボ 二本の弦の秘密
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING

みようかな?へ追加 みようかな?へ追加

みんなの感想

 上映スケジュール

あらすじ

※出雲→12/23(土)~公開

『コララインとボタンの魔女』スタジオライカ最新作
全世界絶賛!世界最高技術で贈る、ストップモーション日本絵巻

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。

キャスト

アート・パーキンソン/シャーリーズ・セロン/マシュー・マコノヒー/レイフ・ファインズ/ルーニー・マーラ

監督:トラヴィス・ナイト

 公式サイト

 映画種別

お好みの映画種別を選択してください

閉じる











 

エラー

閉じる

みようかな?に登録しました

FacebookやTwitterで友達とシェアしましょう!

  • FacebookFacebookでシェアする
  • TwitterTwitterでつぶやく
  • 閉じる

みんなの感想

歳三

ジーン

KUBOとても良く出来ていて世界観も素敵だったけど、コララインとボタンの魔女の方が良く作り込まれていて、そのせいか若干ストーリーが浅く感じられた部分があったのは、残念でした。でも好きです。


うたこ

ジーン

とにかく表情も動きも豊かで細かくて、毛先までぬるぬると動く。すごい。
これを人形を少しずつ動かして撮影してるんだって思うと隅々まで見入ってしまう。
気付いたら飲み物や食べ物に一切手を付ける事なく見終わってました…。
少なくとも私はそれ位引き込まれていたのだと思います。
Twitterで『よかった点がネタバレに直結してしまうので書けない』って言ってる人が居ましたが、そんな感じなのです…。


サヱ

笑える

最高!


yamato

ジーン

家族愛


閉じる

閉じる