ログイン/会員登録


現在、ご案内はございません。
  • 戻る

閉じる

 
09月09日公開散歩する侵略者
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING
  • NOWLOADING

みんなの感想

 上映スケジュール

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰って来た。なぜか穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。
夫・真治(松田龍平)は、何事もなかったかのように毎日散歩に出かけていく。
同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中、天野(高杉真宙)という
謎の若者と出会い、二人は事件のカギを握る女子高生・立花あきら(恒松祐里)の行方を探し始める。さらなる混乱に巻き込まれていく桜井と天野。
平凡な日常は、いつしか誰も止めることのできない「非日常」へと加速していくー。

キャスト

長澤まさみ
松田龍平
高杉真宙
恒松祐里
長谷川博己

 公式サイト

 映画種別

お好みの映画種別を選択してください

閉じる











 

エラー

閉じる

みようかな?に登録しました

FacebookやTwitterで友達とシェアしましょう!

  • FacebookFacebookでシェアする
  • TwitterTwitterでつぶやく
  • 閉じる

みんなの感想

MG

コワッ

難しい


ヤス
この感想にはネタバレが含まれています!

ジーン

とても良かった。
最後の一言を持って、初めから終わりまでの長澤まさみの演技の一貫した雰囲気に納得。


おやじ

ジーン

 黒沢清監督とは〔同世代〕である。デビュー作は日活ロマンポルノ『神田川淫乱戦争』(若い人にとっては???と思う)で公開当時一部の映画評論家から絶賛された作品である。
 この当時から名前は知っていたが………である。黒沢作品に興味を示したのは遅ればせながら『トウキョウソナタ』からである。(監督 すみません) 前置きが長くなったので本題に入ります。
 今回は、金魚すくいのファーストカットから一転して一家が惨殺される度肝を抜く展開から不思議な物語が〔宇宙人〕と関わり合いになる〔登場人物〕によって黒沢ワールドの世界に引き込まれていく。映像を〔コトバ〕で表現するのは極めて困難であり、難しい。
 どこにでもある地方都市の一角(僕の住んでる街並みに似ている)で黒沢清監督ならではの独特の〔時空間〕が表現されている。キーワードは〔愛〕である。映画の中盤での教会でのシークエンスがこれに当たる。
 この、伏線がラストの松田龍平が長澤まさみに語り掛けるセリフに繋がる。『●●●●●●●●●●●●』いう、このセリフ(泣けます)が作品のすべてである。そしてエンディングタイトルと共に余韻に浸ることができる。今年の日本映画の中でもスバ抜けている一本である。
 『岸辺の旅』『クリーピー 偽りの隣人』そして今回の作品。次回作での黒沢ワールドの世界に期待大である。



こなつ

ときめき

めっさ良い!
シナリオは割と思った通りで、チープな感じはしたけど、最後の一言のときめきと感動には勝てない!
真治かわいいよー桜井さんも良かった。
とにかく見て。


閉じる

閉じる